« 自分の家のいいとこ見つけよう(^.^) | トップページ | 琵琶湖名物、小鮎煮 »

2008年8月15日 (金)

歩くときは「ぬ・か・づけ」注意

毎日新聞の「転ばぬ先の知恵」というコーナーに載っていました。

ここに注意しておけば転倒してけがをしなくてすみます。

「ぬ」はぬれている所は滑りやすいので注意の「ぬ」

「か」は階段など段差のある所は転びやすいので注意の「か」

「づけ」は片付けてない部屋はつまづきやすいので注意の「づけ」

電気のコード、じゅうたんのめくれ、新聞・広告・雑誌、リモコン、バッグ、めがねケース、

洗濯物など床の上に物がおいてあるとそれらにつまづいて転倒の危険が増します。

「もったいない」となんでもおいておいて、それにつまづいて怪我ということになると大変です。

「もったいない」とおいておくなら場所を確保してください。床に放置するのは危険です。

アトリエ邑の8月講座

|

« 自分の家のいいとこ見つけよう(^.^) | トップページ | 琵琶湖名物、小鮎煮 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

本文とは関係ありませんが,ぬか漬けは子供の頃から大好きでした.家にぬかどこがあって,きゅうりやなすびをいつも漬けていました.僕もよく取り出して来ていましたよ.

そうそう,スイカの皮も漬けてました.和歌山ではスイカの皮,食べますか?

投稿: nakai | 2008年8月16日 (土) 08時24分

「ぬ・か・づけ」うまい言い方ですね!
いくらバリアフリーになっていても、滑らない素材に替えても、住まう人がそれらの機能を生かす暮らしをしていなければ、かえって危ないと思います。
段差があっても、「ここは段差があるからゆっくり行こう」という暮らし方の方が微笑ましいなーなんて思っちゃいます。

話は変わりますが、nakaiさん。
私もぬか漬け好きですよ。長芋のぬか漬けに最近はまっています。

投稿: つき | 2008年8月16日 (土) 11時20分

nakaiさん
私もぬかづけ大好きです。きゅうりやなすは定番。
西瓜のかわ、漬けますよ。夏の味!
でもそれはこの辺りでも少数派みたいです。

つきさん
そうなんです。いくらハードが完璧でも、ソフトがないと、、、家の中で何かにつまづいて骨折、そして寝たきりという話もけっこうあるんですよね。
長芋のぬかづけって初めて聞きました。どんなんだろー?かわをむいてから?

投稿: kumi | 2008年8月16日 (土) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歩くときは「ぬ・か・づけ」注意:

« 自分の家のいいとこ見つけよう(^.^) | トップページ | 琵琶湖名物、小鮎煮 »