« 電話脇のペン立てにはペンは一本でいいかもね。 | トップページ | 暮しの手帖 特集 戦争中の暮しの記録 と、花森さんも使っていたマルマンのスケッチブック   »

2016年8月24日 (水)

下駄箱上は季節の飾りにしています。

この季節は金魚もの。

120724_155320

心斎橋の大丸かなあそごうかなあの前の露店で売ってて。

銀杏細工です。

尾びれがひらりひらり。

春は春、夏は夏、というふうに、

その季節に合うモノを出してきます。

出していない時は出しやすく仕舞ってあります。

「持っている飾り物を全部出さない」

というのがお勧めです。

そのほうが

掃除もしやすいし、

スッキリするし、

それを見る度、新鮮に感じられるし。

いいです(*^^)v

|

« 電話脇のペン立てにはペンは一本でいいかもね。 | トップページ | 暮しの手帖 特集 戦争中の暮しの記録 と、花森さんも使っていたマルマンのスケッチブック   »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下駄箱上は季節の飾りにしています。:

« 電話脇のペン立てにはペンは一本でいいかもね。 | トップページ | 暮しの手帖 特集 戦争中の暮しの記録 と、花森さんも使っていたマルマンのスケッチブック   »